ハーブ事典一覧

ハーブ事典一覧
アーティチョーク肝臓のケアなどに使われるキク科のハーブ。
アイブライト古くから、疲れ目や眼精疲労に効果があるとされる。
アグリモニー肌の引き締めやのどの痛みなどに用いられる。
アシュワガンダアーユルヴェーダのハーブ。強壮効果や鎮静効果が知られている。
アルニカ打撲や創傷治癒に使われてきた。「山のタバコ」と呼ばれる。
アロエ・ベラ腸を刺激して便秘を改善させる働きがある。
アンジェリカ女性特有の症状に良い働きがあるとされる「天使のハーブ」
アニスシード胃の不調を改善させ、痰を切る働きがある。スパイスカレーなどに。
イエロードッグ抗菌作用や利尿作用があるハーブ。口内の殺菌などに活用。
イチョウ血液をサラサラにする効果がある。
イブニングプリムローズ「月見草」とも呼ばれ、オイルには多価不飽和脂肪酸が含まれる。
ウィッチヘーゼル抗菌・抗炎症作用で皮膚の炎症を抑える。
ウスベニアオイとろみのあるハーブティーは、その色が変化することで有名。
エキナセア免疫力を高める。鮮やかなピンク色の花が咲く。
エルダーフラワー花粉症予防や風邪予防によく使われるハーブ。コーディアルにも〇
オートオートミールの材料になるオーツ麦のこと。食物繊維が豊富。
オリーブ果実からオリーブオイルが採れる。塩漬け・オイル漬けなどに。
オレガノイタリア料理でよく使われるハーブ。胃の働きを整える。
オレンジピールビタミンCが含まれる。心を落ち着かせる効果があるとされる。
オレンジフラワー花の甘い香りは不安を和らげる働きがある。精油でいう「ネロリ」
ガーリック(ニンニク)強壮・抗菌・抗酸化などに役立つ。辛味と刺激があり料理でも良く活用される。
カイエンペッパー唐辛子のこと。体温を挙げて新陳代謝を促す。
カレンデュラ皮膚の炎症を抑える働きがあり、軟膏などの原料に使われる。
キダチアロエ胃腸を整え便秘を改善させる。ゼリーを肌に塗ると保湿にも〇。
キャッツクロ―伝統医学ではリウマチや胃潰瘍などに使われてきたハーブ。
クローブ抗菌作用、鎮痛作用に優れる「歯医者さんの香り」。
ギムネマ甘味を感じにくくさせ、糖分の過剰摂取を予防する。
クリーバーズ利尿作用があり、泌尿器系のトラブルに役立てられる。
キャラウェイアニスの仲間。胃の健康に役立ち、腸内ガスを排出する。
ゴツコーラアーユルヴェーダのハーブ。血行促進や抗酸化作用がある。
キャットニップ猫が好きなハーブで、リラックス効果、筋肉を和らげる効果などがある。
クランベリー酸っぱい果実でビタミンCが豊富。泌尿器系のトラブルに使われる。
コルツフットタンポポに似ている。咳を鎮めたり、痰を出す働きがある。
コリアンダー葉はパクチーと呼ばれる。独特の香りでスパイス利用される。
グリーンティー緑茶のこと。カテキンの抗酸化作用や脂肪燃焼効果が有名。
サフラワー和名は「ベニバナ」でオイルの原料になるほか、染料にも使われる。
サフラン高級スパイスの1つで、黄色い色素が食材を黄金色に変える。
サマーセイボリーフランスのスパイスミックスに使われる。ブーケガルニにも〇。
シナモン健胃作用や血行促進作用がある。甘く独特の香りでスパイスとしても活躍。
ジャーマンカモミールハーブティーの定番。リラックス効果など多くの薬効を持つ。
ショウガ(ジンジャー)ピリッとした辛みが特徴のハーブ・スパイス。身体を温める働きがある。
スギナカルシウムを含む「スギナ茶」が、自然療法で用いられる。
セージ独特の芳香があり、抗菌・浄化作用を持つため歯磨き粉などにも使われる。
セントジョーンズワート気分の落ち込みがあるときに用いられる「サンシャインサプリメント」
ソウパルメットヤシ科の植物。前立腺肥大などの症状に効果があるとされる。
ターメリック(ウコン)肝臓に良い働きがある。黄色い色素はカレーなどに利用。
大豆(ダイズ)植物性タンパク質が豊富。日本食でよく使われる。
タイムハーブの中で最も抗菌力が強いといわれる。肉や魚の臭み消しにも〇。
ダンディライオンセイヨウタンポポのこと。根の部分に多くの薬効がある。
チェストベリー(チェストツリー)女性ホルモンを調整する働きを持つ。胡椒のような香りがある。
チコリ軟白化した芽が食用になる野菜の一種。青い花が咲く。
チャービル(セルフィーユ)繊細な香りが特徴で、フランス料理でよく使われるハーブ。
朝鮮人参漢方薬として有名。滋養強壮に効果的なアダプトゲンハーブ。
ディル魚料理と相性が良いハーブのひとつ。消化促進などの働きを持つ。
デビルズクロー別名「ライオンゴロシ」と呼ばれ、消炎作用や鎮痛作用などがある。

記事が増え次第、随時更新予定です。

目次
閉じる