ホップ|ハーブの特徴・効能/効果・主な使い方・歴史 学名の由来や味・香りについて

ホップ|植物の特徴・効能/効果・主な使い方・歴史 学名の由来や味・香りについて
目次

ホップの特徴・形状

  • ビールの原料になる、雌雄異株の植物
  • 不安や緊張を鎮めて、リラックス効果をもたらす
  • 苦味があり、胃液を分泌させて消化不良を解消する

ホップは、アジア西部を原産とするアサ科カラハナソウ属の多年草です。ビールの原料として有名ですが、様々な薬効がありハーブとしても利用されます。

主に、ホップの「毬花(きゅうか)」と呼ばれる松かさのような部分が活用されています。

植物的な特徴

ホップはつる性植物で、左巻きのつるが約10mの長さに伸びて地面に広がる特徴があります。

根茎は地下にあり、茎や葉はトゲを持ちます。葉は長さ4~12cmの楕円形で、掌状に3~7の切れ込みがあって、葉の縁に鋸歯(ギザギザ)を持ちます。

雌雄異株の植物であるため、オスかメスかで花の形がやや異なります。雄花序には茎先に、黄色の小さな花が集まった円錐状の花序が付きます。この花はクリのイガのような独特の形をしています。

もう一方の雌花序には、葉の付け根より上に毬花が付きます。雌しべの基部に胚珠(はいしゅ)をつけた鱗片が多数ついており、厳密には花ではありませんが、この毬花がビールの苦みになります。

効果・効能

ハーブとしてのホップは、消化促進や食欲不振、抗菌、女性の症状に役立つ効能があります。

ホップにはフムロン、ルプロンと呼ばれる苦味成分が含まれます。この苦味には鎮静作用があり、中枢神経系の高ぶりを鎮めて神経性の不安や不眠を改善します。

苦味による健胃作用があるので、胃もたれや胃の不調時にハーブティーを飲むとむかつきが落ち着くかもしれません。

また、女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれるため、「女性のためのティー」と呼ばれます。生理不順や生理痛、月経前症候群(PMS)、更年期障害など女性特有の症状を緩和するほか、同時に鎮静作用が作用するため、上記の症状に伴う精神の乱れにも有効です。

そのほかの薬効としては、タンニンなどによる抗菌作用や収れん作用、アスパラギン酸・フラボノイドによる利尿作用などが挙げられます。余分な水分を体外に出して、むくみを解消します。

ホップはビールの原料になるため、上記の効能がビールにも少し含まれるといわれています。

適応

消化不良、不安、緊張、月経前症候群、生理痛、更年期障害、むくみなど

一般的にハーブは穏やかな作用を持ち、体に無理なく影響を与えますが、必ず効果が表れるものではありません。妊娠中・授乳中、持病がある場合や医薬品を常用している場合はハーブの使用を控えるか、事前に医師の判断を仰ぐようにしてください。

主な作用

  • 滋養強壮作用
  • 鎮静作用
  • 健胃作用
  • 消化促進作用
  • 女性ホルモン様作用
  • 抗菌作用
  • 利尿作用

禁忌・副作用

子供への使用は避けてください。

安全性・相互作用

相互作用クラスA…相互作用が予測されない
安全性クラスⅠ…適切な使用において安全
『メディカルハーブ安全性ハンドブック第2版』より

ホップの主な使い方

使用部位
  • 雌花(毬花)、蕾

ホップは主にビール、ハーブティーに使用されています。

ビール

ホップはビールの香りや泡の原料になり、保存性を高める働きがあります。雌花(毬花)、蕾にレモンや砂糖などを入れてシロップにするほか、シェリー酒(ワイン)等に入れて浸すと食前酒になります。

ハーブティー

苦味が強いため、他のハーブをブレンドしたり、はちみつなど甘味を加えて飲むのがおすすめです。夕食後に飲むと胃の働きを良くしてくれます。

その他

乾燥したホップはハーブピロ―にすると、不眠症の解消に役立ちます。さらにラベンダーなど鎮静系・リラックス系のハーブを加えると相乗効果が期待できます。

味・香り

ギンナンのような香りで、ビールにも使われる苦味が特徴。

ホップの基本情報

学名Humulus lupulus
英名hop(オランダ語)
和名・別名セイヨウカラハナソウ(西洋唐花草)、ホップ(勿布、忽布)
科名アサ科カラハナソウ属
分類多年草
原産地アジア西部
使用部位雌花(毬花)、蕾
主要成分フムロン、ルプロン、タンニン、ケルセチン、苦味質、アスパラギン、フラボノイド、アミノ酸など
作用滋養強壮、鎮静、健胃、消化促進、女性ホルモン様、抗菌、防腐、収れん、利尿など
適応消化不良、不安、緊張、月経前症候群、生理痛、更年期障害、むくみなど

語源・由来

属名のHumulusはラテン語の「大地」に由来し、蔓が伸びて地面に広がる性質ががあるためこの名が付きました。また、他の植物にも絡みついて邪魔するため、lupulus「小さな狼」という種小名が付いています。

歴史・エピソード他

ホップの歴史は古く、紀元前10世紀頃にコーカサスでホップがビールに加えられていたと伝えられますが、その後途絶えてしまいました。

古代エジプトでは薬草として用いられており、ホップがビールの香味付けに使われるようになったのは11世紀頃です。それ以前のビールには、アニス、ミント、シナモン、クローブ、ヨモギ、ホップなどを混ぜて作る「グルート」という香味料がよく利用されていました。

修道院でビールが作られ始める

中世、ビールは「ビールは液体のパン=パンはキリストの肉」という考え方から修道院で作られていました。古い記録としてはドイツのコルヴァイ修道院で、西暦822年から使用されていたという歴史があります。

11世紀ごろにドイツのルプレヒトベルク女子修道院で、グルートの代わりに初めてホップが用いられます。その後、12世紀初頭にドイツのビンゲン修道院でも作られるようになり、ヨーロッパに広まったといわれます。また、修道院で断食をするとき、ホップは栄養補給に使われることがありました。

ホップの防腐性や雑菌を防ぐ効果、爽やかな風味が評価され、以降はホップビールが主流となりました。1516年、バイエルン公ヴィルヘルム4世が「ビールの醸造には大麦、水、ホップのみを使用する」という「ビール純粋令」を発布しています。

ホップの栽培はヨーロッパでは14世紀~15世紀ごろに普及したとされ、日本には明治初期の1877年(明治10年)、北海道開拓の際に苗を持ち込んだのが始まりといわれています。

参考文献

目次
閉じる