抗菌/抗ウイルス/抗真菌作用とは?|細菌の増殖を抑えて清潔にする【メディカルハーブの働きと効果・効能】

抗菌/抗ウイルス/抗真菌作用とは?|細菌の増殖を抑えて清潔にする【メディカルハーブの働きと効果・効能】
目次

抗菌・抗ウイルス・抗真菌作用とは

抗菌・抗ウイルス・抗真菌作用とはそれぞれ、

  • 抗菌作用 … 細菌の増殖を抑える働き
  • 抗ウイルス作用 … ウイルスの増殖を抑える働き
  • 抗真菌作用 … 糸状菌・カビなどの真菌による症状(水虫・カンジダ)などの感染を抑える働き

といった働きを持ちます。

ハーブの抗菌・抗ウイルス・抗真菌作用は、もともと植物が病原菌などの異物から身を守るために作り出す物質ですが、人間の身の回りでも役立てることができます。

室内などで細菌を増やしたくないときは、芳香浴やポプリなどを利用して抗菌作用のあるハーブを活用すると除菌につながります。

殺菌(除菌)作用と抗菌作用の違い

ちなみに殺菌作用と抗菌作用の違いですが、

殺菌作用が菌そのものを消滅させるのに対し、抗菌作用は菌の増殖を抑え、菌が増えない環境を作り出す働きがあります。

どんな時に抗菌・抗ウイルス・抗真菌作用の効果がある?

抗菌・抗ウイルス作用は風邪やインフルエンザなどのウイルス性感染症の予防に、抗真菌作用は水虫・カンジダ症、白癬菌などの真菌の予防や改善に役立てられます。

そのため、ハーブティーを飲むだけでも口内や体内に抗菌状態をもたらし、体内に侵入した細菌やウイルスの増加を防ぐ効果が期待できます。

口内に虫歯や歯周病などがある場合は抗菌作用・抗真菌作用のあるハーブティーでうがいをすると症状の緩和によいといわれています。歯肉炎などの炎症がある時は、抗炎症作用のあるハーブをブレンドすると○。

適応症状の一例

風邪、気管支炎、インフルエンザ、水虫、カンジダ症、歯周病、虫歯など

抗菌や感染症予防に関わる作用

抗菌・抗真菌・抗ウイルス作用を持つハーブ

抗菌・抗ウイルスアルニカイエロードッグエキナセアエルダーフラワーオリーブガーリックキャラウェイクローブコリアンダーシナモンジャーマンカモミールスギナセントジョーンズワートタイムチェストベリーディルバードックバーベインバジルパセリヒース(ヘザー)ヒソッププリムラペパーミントホップマジョラムヤローユーカリラベンダーリコリスレッドクローバーレモングラスレモンバーベナレモンバーム(メリッサ)ローズヒップローズマリー
抗真菌アロエ・ベラカレンデュラジャーマンカモミールバードッグペパーミントレモングラス

ハーブは種類によって様々な特徴があります。本などで効果・効能をしっかり調べてから活用しましょう♪妊娠中・授乳中、持病があり薬を常用している場合は、ハーブの使用に注意が必要になることがあります。

ハーブの主な作用

一覧はこちら

強壮作用強心作用通経作用
強肝作用発汗作用催乳作用
利胆作用利尿作用浄血作用
健胃作用緩下作用収れん作用
胆汁分泌促進作用鎮静作用抗菌・抗真菌・
抗ウイルス作用
消化機能促進作用興奮作用殺菌作用
駆風作用鎮痛作用忌避作用
去痰作用鎮痙作用免疫賦活作用
鎮咳作用抗酸化作用創傷治癒作用
粘膜保護作用ホルモン様作用消炎・抗炎症作用

参考文献

¥2,200 (2021/10/15 23:42時点 | Amazon調べ)
¥1,540 (2021/10/18 13:13時点 | Amazon調べ)
目次
閉じる