強壮作用とは?|体を活性化させ元気になる【メディカルハーブの働きと効果・効能】

強壮作用とは?|体を活性化させ元気になる【メディカルハーブの働きと効果・効能】
目次

強壮作用とは

強壮作用とは、体の器官に刺激を与えて体を活性化させる働きのことで、体を丈夫にし元気を与える効果のことをいいます。

体力が落ちている時だけでなく、神経の強化にも活用される場合もあるので「心身を強化させる」という意味合いもあります。

また、強壮作用は「滋養強壮作用」という表現をされることもありますが、滋養強壮作用には栄養素を全身に届ける働きがあり、どちらかといえば体の弱った部分や病後の回復などに対して薬効がある場合に使われることが多いようです。

ハーブでいうと、朝鮮人参などのアダプトゲンハーブ(肉体疲労や精神疲労など、ストレスへの抵抗能力を高める働きがあるハーブ)に滋養強壮作用が含まれることがあります。

どんな時に強壮作用の効果がある?

強壮作用は疲れ気味の時で体力が低下している時や、疲れやすいとき、元気がないとき、やる気が出ないときなどに、その状態を回復させる効果があります。

ハーブによっては神経や免疫系に働きかける種類もあるので、強壮効果の種類を本などで調べてから活用してみるとよいでしょう。

また、強壮効果とは異なりますが、いくつかのハーブに含まれるビタミンCや鉄などにも疲労回復の効果があります。

その他、出産後のホルモンバランスを整え、体の負担を減らするハーブとして、チェストベリーやレッドクローバーなどが挙げられます。

適応症状の一例

肉体疲労、疲れによる食欲不振、だるさ、疲れによる不眠、病後の回復など

体の強化に関わりのある作用

強壮作用を持つハーブ

強壮アイブライトアシュワガンダイエロードッグオレガノガーリッククランベリークリーバーズゴツコーラコルツフットサフラワー(免疫系)サマーセイボリーセージ(神経系)ソウパルメットターメリックダンディライオンチコリ朝鮮人参パセリホーソンボリジマジョラムラズベリーリーフ(葉)ルイボスレモンバーベナレモンバーム(神経系)ワイルドストロベリー

ハーブは種類によって様々な特徴があります。本などで効果・効能をしっかり調べてから活用しましょう♪
妊娠中・授乳中、持病があり薬を常用している場合は、ハーブの使用に注意が必要になることがあります。

ハーブの主な作用

一覧はこちら

強壮作用強心作用通経作用
強肝作用発汗作用催乳作用
利胆作用利尿作用浄血作用
健胃作用緩下作用収れん作用
胆汁分泌促進作用鎮静作用抗菌・抗真菌・
抗ウイルス作用
消化機能促進作用興奮作用殺菌作用
駆風作用鎮痛作用忌避作用
去痰作用鎮痙作用免疫賦活作用
鎮咳作用抗酸化作用創傷治癒作用
粘膜保護作用ホルモン様作用消炎・抗炎症作用

参考文献

¥1,540 (2021/10/18 13:13時点 | Amazon調べ)
目次
閉じる