殺菌作用とは?|細菌やウイルスの数を減らす【メディカルハーブの働きと効果・効能】

殺菌作用とは?|細菌やウイルスの数を減らす【メディカルハーブの働きと効果・効能】
目次

殺菌作用とは

殺菌作用とは細菌やウイルスを殺すことで、殺菌により菌の増殖を抑える働きのことを言います。

ハンドソープを使っての手洗い、うがいなどでも感染症予防の効果が挙げられますが、体内に侵入してきた異物(細菌・ウイルスなど)に対する防御力を上げたい時に殺菌作用が効果を上げます。

有害な菌の数を減らして繁殖を抑えるので、清潔感を保ちたい時に活用したいですね。

一方で「殺菌作用」という名からは強い効果があるように感じられるものの、実際のところは一時的な菌の消滅である場合も多いようです。

そのため、菌の繁殖する環境を形成しないためには「抗菌作用」の活用も重要になってくると考えられます。

ハーブの中ではシソ科のハーブに殺菌・抗菌力の高い種類が多く、特にタイムやペパーミント、ローズマリー、セージなどは強い力を持つことで知られています。

どんな時に殺菌作用の効果がある?

殺菌作用のあるハーブは、体内の殺菌を行ったり病原体を防ぐなどして体を守ります。

口内炎やのどの痛みがある時に、殺菌作用や抗菌作用のあるハーブでうがいを行うと、口内の浄化ができます。殺菌作用を部屋などで活用したい時はアロマスプレーがおすすめ。

アロマスプレーには除菌作用のある無水エタノール(アルコール)が使われるため、ハーブが持つ殺菌作用との相乗効果が得られます。

ユーカリやティートリ―、タイムなど殺菌作用のある精油でスプレーを作ったり、芳香浴を行うことでお部屋の抗菌・殺菌に役立ちます。空気を浄化するため風邪や感染症の予防にも良いでしょう。

適応症状の一例

細菌・ウイルスによる炎症、傷口の消毒・感染症予防、風邪・感染症予防、空気の浄化など

抗菌や感染症予防に関わる作用

殺菌作用を持つハーブ

殺菌アイブライトオレガノカイエンペッパーカレンデュラキダチアロエクランベリークローブショウガ(ジンジャー)セージタイムチェストベリーバジルパセリビルベリーマーシュマロウ(アルテア)メドウスイートユーカリラベンダーレモングラスローズマリー

ハーブは種類によって様々な特徴があります。本などで効果・効能をしっかり調べてから活用しましょう♪
妊娠中・授乳中、持病があり薬を常用している場合は、ハーブの使用に注意が必要になることがあります。

ハーブの主な作用

一覧はこちら

強壮作用強心作用通経作用
強肝作用発汗作用催乳作用
利胆作用利尿作用浄血作用
健胃作用緩下作用収れん作用
胆汁分泌促進作用鎮静作用抗菌・抗真菌・
抗ウイルス作用
消化機能促進作用興奮作用殺菌作用
駆風作用鎮痛作用忌避作用
去痰作用鎮痙作用免疫賦活作用
鎮咳作用抗酸化作用創傷治癒作用
粘膜保護作用ホルモン様作用消炎・抗炎症作用

参考文献

¥1,540 (2021/10/18 13:13時点 | Amazon調べ)
目次
閉じる