免疫賦活作用とは?|免疫力をUPさせて体の抵抗力を高める【メディカルハーブの働きと効果・効能】

免疫賦活作用とは?|免疫力をUPさせて体の抵抗力を高める【メディカルハーブの働きと効果・効能】
目次

免疫賦活作用とは

免疫賦活作用とは、免疫機能を活性化させ体の防御力を高める働きをいいます。

免疫機能は体を異物の侵入から守る自己防衛システムで、病のもとになる病原体などを監視し撃退します。

また、免疫機能には細菌・ウイルスだけではなく、アレルギーのもととなる異物(アレルゲン)やガン細胞を防ぐ役割もあります。

ストレスや過労、不規則な生活による自律神経の乱れなどにより、免疫機能の力(免疫力)が低下すると、異物の防御がうまくいかず病気になるなど様々な問題が現れがち。

数あるハーブの中には、免疫力を向上させる作用を持つ種類があります。風邪・感染症予防や疲労感が取れないときに、免疫賦活作用のあるハーブを取り入れてみると良い効果があるかもしれません。

どんな時に免疫賦活作用の効果がある?

免疫賦活作用は風邪・感染症予防、免疫力の回復、免疫力UPなど、病原体に対する抵抗力をつけたい時に役立ちます。

インフルエンザなど季節性の感染症を予防する場合は、流行のシーズン前から免疫賦活作用のあるハーブティーを摂取し、免疫力を徐々に高めていくとよいでしょう。

病原菌・ウイルスなどの細菌は口や鼻だけでなく、切り傷の傷口から入ることもあります。

免疫賦活作用の代表的ハーブ・エキナセアで作ったチンキは、外用すると傷口から細菌が入るのを防ぎ、感染症を防いでくれます。

適応症状の一例

感染症の予防、傷口の防御、免疫力UP、免疫力の回復など

抗菌や感染症予防に関わる作用

免疫賦活作用を持つとされるハーブ

免疫賦活エキナセアゴツコラプリムラミスルトゥー

ハーブの主な作用

一覧はこちら

強壮作用強心作用通経作用
強肝作用発汗作用催乳作用
利胆作用利尿作用浄血作用
健胃作用緩下作用収れん作用
胆汁分泌促進作用鎮静作用抗菌・抗真菌・
抗ウイルス作用
消化機能促進作用興奮作用殺菌作用
駆風作用鎮痛作用忌避作用
去痰作用鎮痙作用免疫賦活作用
鎮咳作用抗酸化作用創傷治癒作用
粘膜保護作用ホルモン様作用消炎・抗炎症作用

ハーブは種類によって様々な特徴があります。本などで効果・効能をしっかり調べてから活用しましょう♪妊娠中・授乳中、持病があり薬を常用している場合は、ハーブの使用に注意が必要です。

参考文献

¥2,200 (2021/10/15 23:42時点 | Amazon調べ)
¥1,540 (2021/10/18 13:13時点 | Amazon調べ)
目次
閉じる