健胃作用とは?|胃の働きを整えて消化を良くする【メディカルハーブの働きと効果・効能】

健胃作用とは?|胃の働きを整えて消化を良くする【メディカルハーブの働きと効果・効能】
目次

健胃作用とは

健胃作用とは、胃の健康状態を良くし働きを高める作用のことです。

胃は食べたものを消化するほか、食物についた細菌や病原因の殺菌、食べ物の温度調節を行う役割があります。

そのため、胃が不健康な状態だと消化不良以外でも様々な不調が起こることがあります。

また、胃は刺激のある食べ物やストレス、薬、アルコールなどによってダメージを受けやすい臓器でもあり、胃痛など何らかの症状が現れている場合は適切なケアが必要になってきます。

胃がうまく機能していないような気がするときは、ハーブティーなどで健胃作用のあるハーブを利用してみると良いかもしれませんね。

どんな時に健胃作用の効果がある?

健胃作用は主に消化不良や、胃痛など胃の不調を感じる時などに活用できます。

胃が弱い状態だと胃もたれが起きやすくなったり、食が細くなり栄養素が十分に摂れないなどの問題が起こりがちなので、胃の調子を整えたい時に健胃作用のあるハーブを使うとよいでしょう。

胃の不調は食生活の乱れやストレスが原因となることも多いため、まずは生活習慣を見直すことが重要といえます。

適応症状の一例

胃痛、胃炎、胃もたれ、胃の不調による吐き気、消化不良など

胃腸に関わりのある作用

健胃作用を持つとされるハーブ

健胃アロエ・ベラオレガノオレンジフラワーオレンジピールキダチアロエキャットニップコリアンダーコルツフットサフランサマーセイボリーシナモンショウガ(ジンジャー)ターメリックパセリハイビスカスフェヌグリークフェンネルペッパーペパーミントホーソンホップレモングラス

ハーブは種類によって様々な特徴があります。本などで効果・効能をしっかり調べてから活用しましょう♪
妊娠中・授乳中、持病があり薬を常用している場合は、ハーブの使用に注意が必要になることがあります。

ハーブの主な作用

一覧はこちら

強壮作用強心作用通経作用
強肝作用発汗作用催乳作用
利胆作用利尿作用浄血作用
健胃作用緩下作用収れん作用
胆汁分泌促進作用鎮静作用抗菌・抗真菌・
抗ウイルス作用
消化機能促進作用興奮作用殺菌作用
駆風作用鎮痛作用忌避作用
去痰作用鎮痙作用免疫賦活作用
鎮咳作用抗酸化作用創傷治癒作用
粘膜保護作用ホルモン様作用消炎・抗炎症作用

参考文献

¥1,540 (2021/10/18 13:13時点 | Amazon調べ)
目次
閉じる