ヒース(ヘザー)|ハーブの特徴・効能/効果・主な使い方・歴史 学名の由来や味・香りについて

ヒース(ヘザー)|植物の特徴・効能/効果・主な使い方・歴史 学名の由来や味・香りについて
目次

ヒースの特徴・形状

  • 荒れ地にも群生して咲く薄紫色の花
  • ミネラル豊富な美白・美肌のハーブ
  • パックやゴマージュにもおすすめ

ヒースはヨーロッパ~西アジアを原産とする、ツツジ科エリカ属(またはカルーナ属)の常緑低木です。「ヘザー」という名で呼ばれることもあります。

英語でヒースという言葉は、厳密にはイギリス北部、アイルランドなどにおける平坦地の荒地のことをいい、ヘザーはエリカ属の植物のことを指します。

メディカルハーブとして利用するのは、和名ギョリュウモドキ(学名:Erica vulgaris)、ジャノメエリカ(学名:Calluna vulgaris)の2種類で、科名は異なりますが、形が良く似ており過去に双方の名称が混乱したため、現在はErica属とCalluna属を総称して「ヒース」と呼びます。

ヒースには700種類以上があり、特にエリカ属はアフリカ原産種とヨーロッパ原産種に分かれますが、上の2種類はどちらもヨーロッパ原産です。

植物的な特徴

草丈は20~150cm、葉は厚みがあって1.5~5cmほどの大きさです。

花期は7~10月頃で、約2㎝ほどの紡錘形をした筒状(ベルのような形)をしたピンクの花を多数咲かせます。花が満開になると一面がピンク色になります。

効果・効能

花の部分にはミネラルが豊富に含まれており、主な作用にはフラボノイドによる利尿作用・発汗作用、タンニンによる抗菌作用や肌の引き締め作用などがあります。

デトックス・殺菌効果で、尿酸や膀胱炎など泌尿器形の感染症を改善するほか、結石の予防にも使われます。また、尿酸・乳酸の排出に伴い、良性前立腺肥大やリウマチ、痛風といった関連する症状を緩和します。

さらに、ヒースにはアルブチンという成分が含まれます。メラニン色素をつくり出す色素細胞(メラノサイト)に含まれるチロシナーゼの活性化を抑えるため、美白・美肌に役立とされています。

肌のシミやくすみが気になるときに摂取してみると良いでしょう。

適応

美肌、尿道炎、膀胱炎、結石予防、リウマチ、関節炎、肌のシミなど

一般的にハーブは穏やかな作用を持ち、体に無理なく影響を与えますが、必ず効果が表れるものではありません。妊娠中・授乳中、持病がある場合や医薬品を常用している場合はハーブの使用を控えるか、事前に医師の判断を仰ぐようにしてください。

主な作用

  • 美白作用
  • 抗菌作用
  • 尿路消毒作用
  • 利尿作用
  • 鎮静作用

禁忌・副作用

特に知られていませんが、酸性尿を引き起こす薬剤と一緒に使うと、抗菌力が下がる可能性があります。

安全性・相互作用

安全性『メディカルハーブ安全性ハンドブック第2版』には未収載
相互作用『メディカルハーブ安全性ハンドブック第2版』には未収載
『メディカルハーブ安全性ハンドブック第2版』より

ヒースの主な使い方

使用部位

ヒースは主にハーブティー、美容に使用されています。

ハーブティー

体のむくみがあるときや毒素の排出、肌の調子を整えたい時などにおすすめのハーブティーです。

ヒースのティーは「美容液のようなハーブティー」と呼ばれ、美白や美肌に役立つ成分が含まれています。あまり味はないため飲みやすいですが、香りのあるハーブとブレンドしてもおいしく飲めそうです。

美容

ヒースの美容成分アルブチンは、植物性の化粧品などにも使われます。浸出液をローションにする他、パウダー状にしたヒースををパックやゴマージュにしたり、ハーブティーと合わせて活用すると相乗効果が得られるといわれています。

その他

ヒースの花から取れる色素は染料になります。木部は肥料や燃料になり、束ねてほうきや敷物の材料にされてきました。

味・香り

味はほとんど感じられず、ほのかに花の芳香がある。

ヒースの基本情報

学名Erica vulgaris、Calluna vulgaris
英名heath、heather
和名・別名ギョリュウモドキ、ジャノメエリカ、エリカ、ヘザー
科名ツツジ科エリカ属
分類常緑性低木
原産地ヨーロッパ~西アジア
使用部位
主要成分フラボノイド(クエルセチン)、タンニン、ヒドロキノン配糖体(アルブチン、メチルアルブチン)
作用美白、抗菌、尿路消毒、利尿、鎮静
適応美肌、尿道炎、膀胱炎、結石予防、リウマチ、関節炎、肌のシミなど

語源・由来

学名のうち属名のEricaは、ラテン語でほうきという意味の「eric」が由来となっています。

種小名のvulgarisは「ありふれた、日常の」という意味です。

歴史・エピソード他

ヒースは耐寒性が強く荒れ地に咲く花で、他の植物が育たない不毛な場所でも群生するため、昔の文筆家にとってはヒースが咲く場所は「呪われた土地」のイメージがありました。

一方でヒースの野原は「懐かしい場所」というイメージもあり、ウェス・モンゴメリーの小説『風と共に去りぬ』ではヒースの丘が登場します。

ヒースが堆積し炭化したものはピート(泥炭)と呼ばれる石炭になり、その地に暮らす人々にとって大切な資源でした。ウィスキービールの香りづけに用いられており、伝統的な「スコッチウイスキー」にもヒースが用いられることがあります。

欧米では庭園の植物として用いられることもあり、ヒース・ガーデンと呼ばれるスタイルの庭が作られることがあります。

日本へは昭和初期に渡来しています。

参考文献

¥1,540 (2021/10/18 13:13時点 | Amazon調べ)
目次
閉じる