抗酸化作用とは?|体の酸化を防ぎアンチエイジングに役立つ【メディカルハーブの働きと効果・効能】

抗酸化作用とは?|体の酸化を防ぎアンチエイジングに役立つ【メディカルハーブの働きと効果・効能】
目次

抗酸化作用とは

抗酸化作用とは、簡単に言えばアンチエイジング効果のことをいいます。

細胞の老化を進める活性酸素の働きを抑え、体の老化(抗酸化)の進行を穏やかにする働きです。

身体の老化が進むと内臓の機能や体力の低下、見た目的にはシミやシワなどの肌の変化が現れてきます。できればいつまでも若々しくいたいですよね。そんな時に取り入れたいのが抗酸化作用のあるハーブです。

体が酸化するしくみ

体外から吸収された酸素は体内でエネルギーに変換されますが、その過程で「活性酸素」という不安定な物質が生まれます。

活性酸素は体内に侵入した異物(細菌・ウイルスなど)を撃退する働きがあり、生体防御に役立ちますが、活性酸素が体内の細胞や核を傷つけることで、働きに支障が生じ老化が進行します。

抗酸化から身を守るには

活性酸素から体を守るためには、抗酸化物質である「ラジカルスカベンジャー(活性酸素補足物質)」を増やしたり、酵素の合成を助ける補酵素のビタミン・ミネラル、抗酸化作用があるポリフェノール類などの摂取が必要になります。

また、紫外線や大気汚染、放射線、農薬、添加物、医薬品、アルコール、たばこなどにより活性酸素が増えるといわれるため、これらを避けることも重要になってきます。

どんな時に抗酸化作用の効果がある?

体の老化が進むとがん、シワ、シミのほか、糖尿病や動脈硬化、脂質異常症などの生活習慣病にかかりやすくなります。

抗酸化作用のあるハーブはこれらの症状を予防するのに活用でき、アンチエイジングに役立ちます。

下記の栄養素が含まれるハーブもおすすめです。特にビタミンA・ビタミンC・ビタミンEは「抗酸化ビタミン」と呼ばれるので摂取していくと良い効果があると考えられます。

ビタミンビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなど
ミネラル亜鉛、銅、マンガン、セレンなど
ポリフェノール類ケルセチン、イソフラボン、カテキン、ケルセチンなど
フィトケミカルβ-カロテンなどカロテノイド類、リコピン、アントシアニン、クロロフィル、ルテインなど
適応症状の一例

がん、シワ、シミ、糖尿病、動脈硬化、脂質異常症、高血圧、心疾患、慢性疲労、肩こりなどの予防

抗酸化作用を持つハーブ

抗酸化イチョウオリーブガーリックグリーンティークローブサフラワージャーマンカモミールセージセントジョーンズワートチャービルディルバジルヒソップフラックスシードペッパーミルクシスルラズベリーリーフ(果実)ルイボスレモンバーム(メリッサ)ローズマリー

ハーブは種類によって様々な特徴があります。本などで効果・効能をしっかり調べてから活用しましょう♪
妊娠中・授乳中、持病があり薬を常用している場合は、ハーブの使用に注意が必要になることがあります。

ハーブの主な作用

一覧はこちら

強壮作用強心作用通経作用
強肝作用発汗作用催乳作用
利胆作用利尿作用浄血作用
健胃作用緩下作用収れん作用
胆汁分泌促進作用鎮静作用抗菌・抗真菌・
抗ウイルス作用
消化機能促進作用興奮作用殺菌作用
駆風作用鎮痛作用忌避作用
去痰作用鎮痙作用免疫賦活作用
鎮咳作用抗酸化作用創傷治癒作用
粘膜保護作用ホルモン様作用消炎・抗炎症作用

参考文献

スクロールできます
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
¥1,430 (2022/03/16 00:01時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
¥1,650 (2022/03/30 16:16時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
¥1,540 (2021/10/18 13:13時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
¥2,860 (2022/03/10 16:07時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
¥2,200 (2021/10/18 12:59時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

「⁺note」のご紹介


ハーブ・植物療法についての限定記事を公開する
新しいコンテンツができました。
無料会員登録&購入で利用できます。

目次