ハーブティーを淹れる(ハーブティーの作り方)|3種のハーブで美肌ブレンドをつくる手順

ハーブティーをつくる方法|3種のハーブでブレンドしてみるハーブティーをつくる方法|3種のハーブでブレンドしてみる

以前にハーブティーの作り方という記事を書いたので、以前に自分で実践したときの記録も載せます。

ハーブティーの作り方は人によって少しづつ違うところもあると思いますが、「こんな感じで作っています」ということで参考になればと思います。

目次

ハーブティーの作り方

ハーブティーを作る時に必要なもの

ハーブティーをつくる方法|3種のハーブでブレンドしてみるハーブティーをつくる方法|3種のハーブでブレンドしてみる

最低限必要な道具はティーポット、ティーカップ、ティースプーン、ハーブの仮置き皿、計量カップ電気ケトルやかんです。あれば茶こし、タイマーも準備すると便利です。

上の画像には映っていないものもありますが、水、水を沸騰させるための道具(電気ケトルややかん)、熱湯の分量を量るための計量カップも必須になってきます。

用意したハーブ

今回用意したハーブは、写真右からヒース・リンデン・カレンデュラの3種類です。

美肌・保湿・デトックスを目的にそろえてみました。

ヒース:美白・美肌効果があるハーブとして知られている。解毒作用や利尿作用もあるとされ、デトックスに良い。イギリスやアイルランドのヒース畑は有名。

リンデン:保湿に良いとされるハーブ。リンデンに含まれる精油には甘い香りがあり、風邪予防のほか、不安・緊張を和らげる効果もあるとされる。

カレンデュラ:ハーブティーとしては利尿・解毒作用があり、体内の毒素を排出させる働きを持つ。胃の調子を整える働きがあるほか、外用では軟膏剤に使われる。

ヒースは花部、リンデンは葉部、カレンデュラは花部。分量は1gずつで合計3g用意しています。

基本のハーブティーの作り方

ドライハーブティーの作り方
  1. 清潔な状態のティーポットを選ぶ。
  2. 1人分の分量180㏄~200㏄のお湯を準備する。
  3. 準備している間にポットにドライハーブを入れる。
  4. ポットにお湯を入れたらすぐに蓋をして軽くゆすぐ。
  5. 3分~5分くらい待つ。
  6. カップにハーブティーを注ぐ。ポットから出すときはすべて出し切るようにする。

 

ハーブをティーポットに入れる

用意したハーブをティーポットに入れます。

数種類ブレンドするときはスプーンなどで軽く混ぜておくとまとまります。

ハーブティーをつくる方法|3種のハーブでブレンドしてみるハーブティーをつくる方法|3種のハーブでブレンドしてみる

熱湯を入れて蓋をする

ハーブを入れたら時間をおかずに熱湯を加えます。

ポットに熱湯を入れたらすぐに蓋をし、揮発性の成分が逃げないようにします。

また、お湯を入れた後に軽くポット横に振ることでハーブの成分が抽出されやすくなります。

複数人用のポットに1人分の分量を入れたので、中がよく見えないですがちゃんとお湯が入っています(^^;

ハーブティーをつくる方法|3種のハーブでブレンドしてみるハーブティーをつくる方法|3種のハーブでブレンドしてみる

 

抽出中の様子。乾燥した状態のハーブだと味気ない色ですが、お湯に浸すと色味が付いて鮮やかになります。

カレンデュラの黄色がきれいですね。

熱湯を入れた後は、葉や花の部分は3分~5分ほど、根の部分は5分~10分ほど抽出時間をとります。

今回は出来上がるまで3分ほど待っていました。

ハーブティーをカップに注ぐ

ハーブティーをつくる方法|3種のハーブでブレンドしてみるハーブティーをつくる方法|3種のハーブでブレンドしてみる

ハーブティーができたらカップに注ぎます。紅茶やコーヒーなどでもよくありますが、少し高いところから注ぐとよいといわれます。

あつあつのハーブティーがカップに入ったら、まずは香りを嗅いでみるのがおすすめです。

ハーブティーに含まれる揮発性の成分(精油成分)にはアロマセラピーと同じ効果があり、リラックス効果や血行促進効果などハーブによって様々な効果をもたらします。

今回のハーブティーでは少し甘い香りがありました。リンデンの風味が強く味も甘めだったので、次回は少し量を減らしてみようと思います。

今回使ったカップとポット

¥2,523 (2021/10/15 23:39時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
¥1,210 (2021/10/15 23:23時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

まとめ

個人的ハーブティーの作り方について(写真付き)でした。

ハーブティーは市販のティーバッグがあれば誰でも簡単に作れますが、ブレンドを作るも楽しいものです。

ブレンドは難しく感じられることもありますが、ハーブティーの本を見ながら真似していけば、だんだん慣れてきます。

また、市販のティーバッグで色々なハーブティーを飲むのも、おいしいハーブティーを作るための勉強につながります。

色々なブランドから様々なブレンドハーブティーが販売されているので、買って飲んでみるとブレンドや味の参考になりますよ。

今回は美肌効果の組み合わせでハーブティーを作りました。

ハーブティーで肌の調子を整えたい場合は、肌のターンオーバーの周期となる28日間(約1ヵ月)ほど続けると効果が現れるといわれます。

参考文献

ハーブティーについてのおすすめ記事

目次
閉じる